インスタントコーヒーの歴史

美味しいコーヒーが飲みたい。

そんな時、インスタントコーヒーに頼るという人は多いのではないでしょうか。

自宅や職場など、短時間でお手軽にすぐ作れるインスタントコーヒー。全日本コーヒー協会による「コーヒーの需要動向に関する基本調査」では1週間あたりに飲むコーヒーの量は11.3杯。そのうちインスタントコーヒーが4.54杯を占めているという結果だそうです。

約40%もの割合でインスタントコーヒーが選ばれているのは、その利便性や味が評価されてのことなのでしょう。

このように身近な存在のインスタントコーヒーも、コーヒーの歴史の中ではとても新しく、約100年程前に日本人の加藤サトリ氏が発明したことから始まります。

その後アメリカ人が別の方法で特許を得てインスタントコーヒーの生産を開始し、工業化へと発展しました。

原料はコーヒー豆のみ。国際コーヒー協会でもコーヒー豆から可溶性固形分を抽出し乾燥したものがインスタントコーヒーと定義しています。

どの商品も原材料の表記に「コーヒー豆」以外記載がないので興味が沸いた方はチェックしてみてください。

このように皆に愛されているインスタントコーヒーの活躍の場は、飲むだけにとどまらず、お菓子作りや料理にも活用されています。

飲んでも料理に使っても手軽でおいしいインスタントコーヒーは我々庶民の味方です。

美味しいコーヒーには品質が大切ですね

飲み物を扱う場合には専門知識を持っているとお得ですね。

しかもお得な情報だといろんな方に尊敬されます。

コーヒーの場合は専門知識があることで美味しくなります。またコーヒーは品種が豊富で色々な国から出荷されています。

基本的にはコーヒーを飲むために多くの道具は必要ないです。現在では簡単な方法でコーヒーが楽しめるようになっています。例えばインスタントコーヒーでも味は充分です。これはコーヒーの研究が進んで美味しい秘密が解明されているからです。

またコーヒーを作る国ではその品質をチェックすることもあります。これはより一般人が良いコーヒーを楽しめるようにする工夫です。またコーヒーには品質の基準があって厳しく管理されています。

実際に世界各地のコーヒーは豆からチェックされているので驚きます。当然のようにここで品質が低いと排除されます。そして良いコーヒー豆を選んで出荷に移るのです。

その他にもコーヒーに関する人間の徹底したこだわりがあります。コーヒーが好きな人は豆からこだわることが多いです。これはコーヒーの味が豆の品質によって変化するためです。

このようにコーヒーの世界は奥が深いので人気もあります。重要なのは世界各地の人々がコーヒーの品質を守っている部分です。

そういうプロの活躍で一般的な家庭にも良いコーヒーが出回っているんです。

美味しいコーヒーを楽しむことが出来るのは、コーヒーにかかわるいろんな方々の頑張りのおかげなんですね。

コーヒー豆美味しいって思えるお店に出会えることは本当に幸せなことです。

全国にはいろんなコーヒーショップや自家焙煎のお店があるので

飲み比べしてみるのも楽しいですね。

初めまして!

美味しい珈琲自家焙煎店を探していろんなお店を訪れています。

そんなコーヒーが大好きな会社員の真優です。

今の季節にピッタ入りなアイスコーヒーの話。

真夏日が続くこの頃ですがこんな時期こそキンキンに冷えた美味しいアイスコーヒーを飲みたいと思いますよね。自宅で簡単にお店の味が再現できる方法をご紹介します。

今回はペーパーフィルターで抽出する方法です。まずコーヒー豆の選び方です。お好きな品種があればもちろんそれでも問題は全くありませんが、冷たくしてもコクのある味わいが出せるように焙煎の深い豆をオススメします。

次に分量ですがホットで淹れる時の2倍の量を用意します。180mlの水に対して大さじ4杯(20g)が目安です。挽き方は中挽が適しています。それぞれの抽出方法により挽き具合いが異なります。コーヒーの粉が水に接する時間が長いほど、豆を粗く挽きます。正しく挽くことで最高の風味が引き出されます。

購入店舗の店員さんなどに伝えると対応していただけると思います。次は水についてですがコーヒーの98%は水のため、味や匂いのない水を使うことが不可欠。理想的なお湯の温度は90℃~96℃です。

続いて抽出器具についてですが、ドリッパーとポットとペーパーフィルターを用意しておきます。ペーパーフィルターの貼り合わせ部分を交互に折りドリッパーにぴったりとはめ込みます。そこにコーヒーの粉を入れて平らにならします。ポットには抽出するコーヒー量の目盛より多めに氷を入れます。コーヒーのうまみを最大限に引き出すためにコーヒー粉全体が湿る程度にお湯を注ぎ20~30秒ほど蒸らします。

次に中央からゆったりと円を描くように数回にわたってお湯を注ぎます。濃いめに抽出したコーヒーが多めの氷と合わさりちょうど良い濃さになります。ご自宅でゆっくりカフェタイムを過ごしてみてはいかがでしょうか。